オトノハ 音響拡散体 Ivy wall チャコールブラック

型番:11571458
11,880(税込)
118ポイント付与
在庫あり
商品がカートに追加されました
レジへ進む

商品説明

◇美しいフォルムが創り出す未体験の音の世界へ
スピーカーあるいは楽器演奏で聴いている音には、壁や天井などの反射音が混在しています。その反射音を抑え、クリアで心地よい響きと拡がりに満ちた空間を創り出す「オトノハ」です。

「オトノハ」は新たな発想から生まれた音響拡散体です。葉の成長をモチーフに、中心の葉から黄金比と黄金角の並びで螺旋状に拡がる大小の葉により構成されています。

オーディオ鑑賞やレコーディング、楽器演奏など音にこだわりたい空間に、まるでインテリアのようなスタイリッシュなフォルムが未体験の音の世界を創り出します。

◇開発コンセプト
植物は太陽の光を効率よく浴びるために「黄金角」という角度で葉を展開していると言われています。オトノハはこの角度を利用することで、葉となる立体をあらゆる向きに配置し、音を効率よく散乱することを可能にしました。

整数比を用いて拡散体をデザインすると特定の周波数に効果が偏ってしまうため、無理数比の一つである「黄金比」を用いて、葉となる立体の形状、拡大率を設定しています。

立体をランダムに配置する拡散体が多い中、オトノハは黄金比と黄金角により数学的にデザインされた音響拡散体です。

■概要
部屋で音を聞く場合、音源から直に届く直接音と壁や天井などに当たってから届く反射音が存在します。良い音環境には、直接音と反射音が適切なバランスであることが重要です。

平らな壁では反射音が強すぎる傾向にあり、先に出た音が壁で強い反射音となり、音源から出る次の音と被さってしまいます。それにより本来の音が阻害され、明瞭性や定位が悪くなる原因となります。これは壁の形状により起きる現象なので、機材や楽器・奏法を変えても解決することはできません。

オトノハは反射音を調整することで、スピーカーや楽器本来の音を聴きとりやすくし、また適度な響きのある音空間にすることができます。吸音材で対処した場合は、高音域ほど反射音が減衰するため、モコモコした音になりがちですが、オトノハではそのような心配はありません。

・反射音を調整し本来の音が聴こえるようにする
・適度な響きのある音空間にすることができる
・吸音材と異なり反射音の高音域がなくなることがない

◇スピーカーで音を聴く方へ
音楽をより良い音で聴きたいと考えたとき、リスニング環境における音の反射を意識することは稀です。多くの方は音響機器に目が行きますが、機材を入れ替えることで変わる音は「直接音」であり、「反射音」の振る舞いは変化しません。

音響拡散体オトノハは「反射音」を調整することで、音を聴く環境を整えることができます。

◇演奏する方、歌を歌う方へ
音楽を奏でるとき、一般的な部屋に見られる平坦な壁の場合、壁にあたった音は強い反射音となって返ってきます。直接音に覆いかぶさり、音の細部が分かりにくくなってしまいます。

人が音に対してどのように感じるかは「直接音のすぐ後に来る初期反射音が重要になる」と言われています。

音響拡散体オトノハは、反射音を効率よく散乱させることで、より細かい「音色」や「感情の入れ方」など、細かい部分まで気に掛ける音楽家にとって、適切な音環境を作り出します。

■設置方法
Ivy wallは背面にフックや釘に掛けるための穴と、カメラ用ねじに対応したねじ穴が四隅にあるので、さまざまな設置方法が可能です。
※フックやネジ類は付属しておりません。ご使用に合わせて別途ご用意ください。

壁に掛ける場合は壁掛け時計用のフックで設置すると、ぐらつきが少なく取り付けることができます。
※耐荷重を確認の上、確実に設置してください。フックの種類によってはうまく設置できなかったり、壁から多少浮く場合があります。

タブレットスタンドやカメラグリップなどを利用すれば自立させることも可能です。
スピーカーでのリスニングや楽器演奏時だけでなく、録音時にも使いやすい仕様となっています。

■仕様
材質: ABS
サイズ(縦x横x奥行):300x300x42.5mm
重量:約600g

※ご購入の前に以下の「安全上の注意書き・免責事項」を必ずお読みいただき、ご了承の上お買い求めください。

商品レビュー

レビューはまだありません